レーザー治療の副作用について - ワキ脱毛の効果を比較

ワキ脱毛の効果を比較 > レーザー治療の副作用について
ワキ脱毛の効果を比較

レーザー治療の副作用について

皆さんは、脇脱毛についてどのようなイメージをお持ちでしょうか?
また、どのような効果を期待して、どのようなリスクを考えますか?
脱毛だけに言えたことではありませんが、日本の医療技術は世界でもかなりの先進国ということは周知の事実かと思います。
それだけに、美しさを求めて多くの女性が脱毛サロンに足しげく通っています。
しかし、そればかりに捉われて自分自身の毛質や肌質についてきちんと理解している人はどれだけいるのでしょうか。

脱毛サロンやクリニックでは主に光を当てて、脱毛の効果を促すというのが主流ですが、クリニックなどで使用しているレーザー脱毛器は副作用が出る場合があります。
ピンと来ない人もいるかもしれませんが、例えばこんな例があります。
「レーザー脱毛は光の出力が美容サロンよりも強いため、毛根周りの皮膚に対して軽度の炎症を起こした」。
「脱毛はできたけれど、黒ずみやブツブツしたものが増えたような気がする」。
「ヤケドをしたような水ぶくれができてしまった」。
など、思わず施術をためらってしまうような副作用があらわれることも。

しかし、このようなことは当然頻繁にあることではありません。
また、炎症などが出た場合でも大概の人は数時間で治まるようで、万が一、上記のような症状が出た場合でも、クリニックで炎症止めの薬を出してくれます。
ほかにも、レーザーが過剰に反応する場合に軽度のヤケドを負うケースもありますが、こちらも医療薬で迅速に対応します。
最近ではリスクの少ないレーザー治療がほとんどなので、心配することはありませんが、もしお手入れのあとに副作用のような症状が出た場合はすぐにクリニックに相談しましょう。

top